ブログトップ

田村裕介 釣りと出来事

ta2maki.exblog.jp

明日から展示会へ

明日から1泊2日で
東京ヘンプコネクション展示会に行ってきます!!

f0134521_1919227.jpg


急用ありましたら携帯電話にご連絡下さい。

<お知らせ>

7/19のライブキャンプ コマランドにて青キャンメンバーによるフリーマーケットを開催いたしますので
そちらもお楽しみに。


【気になっていただけたら】

こんな時だからこそ
多くの友人達が考え
そして、確実に良い方向に向かいましょう。

c0171245_19394670.jpg


「抗議の不法滞在」 佐渡在住者を逮捕

役所の手続きミスが原因で、出生時に取得した日本国籍を成人後に失った佐渡市のミュージシャンの男性(45)が、出入国管理及び難民認定法違反(旅券不携帯)の疑いで沖縄県警に現行犯逮捕されていたことが13日、分かった。男性は行政への抗議の意味でビザの更新を拒否し「不法滞在」を続けていた。

 男性は米国籍で佐渡市在住のロバート・マクイーンさん。沖縄県警によると、11日午前5時すぎ、那覇市中心部の繁華街を歩いているところを、県警自動車警ら隊員に職務質問された際、旅券不携帯だった疑いが持たれている。ロバートさんはバンドの公演のため那覇市を訪れていたという。

 ロバートさんをめぐっては新潟県弁護士会が昨年9月、重大な人権侵害があったとして、日本の戸籍からの除籍手続きをした神奈川県大和市と国に対し、特別な救済措置を講じるよう勧告していた。

 ロバートさんは63年、米国人の父と日本人の母の間に生まれた。当時の日本の国籍法は父系血統主義だったため、本来は外国人登録が必要だったが、大和市役所の手続きミスで日本国籍を取得。

 だが21歳の時に同市役所に戸籍を抹消され、日本国籍を失ったという。ロバートさんは「日本人として生まれ育った自分が理由もなく国籍を奪われるのは納得できない」として3年前からビザの更新を拒否していた。(
高橋淳)

現在、mixi、新聞などのメディア、友人達によって署名活動を行っております。

青キャンメンバーは8810が中心となって、多くの皆様による署名を集めております。

当日、ライブ会場でも署名集めを行っておりますので宜しくお願いいたします。
[PR]
by tatsumaki_do | 2009-07-14 19:22 | 野外活動
<< 今宵ね 一週間前なので告知 >>