ブログトップ

田村裕介 釣りと出来事

ta2maki.exblog.jp

カテゴリ:音楽と( 42 )

11月の催し物


f0134521_17463942.jpg
f0134521_17465047.jpg

■11/21~11/23 幻 蜃気楼的空間表現 13:00-16:00 たつまき堂3階にて
【田中セリーヌ】×【OZ/山口ケイスケ】

f0134521_17473555.jpg
f0134521_17474522.jpg

■11/24~11/30 録音 13:00-25:00
【Bar Rumbulion】×【OZ/山口ケイスケ】×【たつまき堂】
たつまき堂 奥部屋

Cafe&Bar営業 

【MENU】
手作りジンジャーエール、チャイ、コロナビール、千葉の地酒
【FOOD】
チキンティカ、落花生

その他、アルコール/ソフトドリンク各種

■11/29(土)
ライブ:南正人
会場:ROCKSTEADY

f0134521_17492639.jpg

■11/29(土) 【ROOTS TIME】 @ 上越市 CLUB SQUAD
MIGHTY MASSA & RAS NICO , MIGHTY I , JAH TAKKA & RED I SOUND SYSTEM

MYSTICINNA WARRIOR / ONZY / UDO / BLOOD CULTURE

■11/30(日)
ライブ:久多良木 一人
会場:キャラメルママ

■12/1(月)
ライブ:KGM(仙台)
会場:ROCKSTEADY
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-11-19 17:49 | 音楽と

やっと届いたよ!!

f0134521_1747349.jpg


ブレスマーク 「んの次」

10/1にリリースされた待望のアルバムが届きました。

今年の夏、たけしこうじドッグカフェ ロックステディーのライブ

あの夜を思い出させてくれる1枚(¥2500)

店頭で試聴できます。

二羽高次(作詞、作曲、ヴォーカル、ギター、プログラミング、サンプリング、ブロデュースetc.)による可変的ソロユニット。
'95年活動開始。全国クラブ、ライブハウスを中心にLIVEを展開。共演アーティストは、CHARI CHARI、LITTLE TEMPO、PORT OF NOTES、MUSEUM OF PLATE、UP BUSTLE&OUTなど。'96、'97年にはSILENT POETSのアルバム『FIRM ROOTS』『FOR NOTHING』に参加、その独特な歌声が話題に。
'99年SILENT POETSの春野高広との共同プロデュースによるデビュー・ミニ・アルバム『DYNAMO』(midi)を発表。
'00年9月 2ndアルバム『SOMA』を発表。春野高広(ex.SILENT POETS)をはじLITTEL TEMPOの土生“TICO”剛、DRY&HEAVYの外池ミツヒロ、LITTLE CREATURESの栗原務、そしてエンジニアは内田直之がつとめた。
'01年3月SILENT POETS、CHARI CHARI、COMBO PIANO、DJ ALEX参加のMaxi『防波堤の空』、'01年9月には『ヨイトマケの唄/BARRICADE』を含むMaxiを発表する。
'02年12月には『太陽の人』(AVEX)をリリース。その後弾き語りを中心に精力的な活動を続け、
'08年盟友、土生"tico"剛とともにユニット「たけしこうじ」を結成、全国行脚を続けている。
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-11-15 17:56 | 音楽と

wawawa

f0134521_15175243.jpg


青空キャンプ
も出演、先日も長岡、新潟ツアーで遊びに来てくれたWAWAWAも出演しちゃいます。

★SPIRAL 8th ANNIVERSARY PARTY★

11/8(sat) @江ノ島OPPA-LA
OPEN START 23:00 ALL NIGHT!
ENTRANCE \2500

LIVE
FREAKY MACHINE
DACHAMBO
NAOITO(KINGDOM☆AFROCKS
wawawa
DRIVE

DJ
SAMATA(grass roots)
DAI(ex BUDDY)

VJ
OVERHEADS

SOUND
松本音響

INFO SPIRAL 0467-22-2285


f0134521_15165749.jpgf0134521_15171082.jpg
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-11-08 15:39 | 音楽と

wawawa live

さぁ〜さぁ〜本日の夜は
如何かしら地下へ、ご来店!!

▼2008.10.25(Sat) 16:00〜25:00
『うたかた〜泡沫〜』
会場: 音楽食堂(長岡市大手通1-4-17 安栄館ビルB1F)
料金: 1000yen

出演:
【DJ】nakanon / TANA 他
【VJ】HANUMAN
【LIVE】wawawa(鎌倉) / HEAD MAKERS(長岡/柏崎) / チビカブトス(長岡)
【音響】たつまき店主 猪俣雄大

16:00〜17:00 DJ #1
17:00〜18:00 DJ #2
18:00〜19 00 DJ TANA
19:00〜20:00 DJ なかのん
20:00〜21:00 LIVE チビカブトス★
21:00〜21:30 DJ TANA
21:30〜22:30 LIVE ヘッドメイカーズ
22:30〜23:00 DJ なかのん
23:00〜24:00 LIVE WAWAWA
24:00〜 DJなかのん〜After Hours Session★

---------------------------------
明日、東京ヘンプコネクションからダウンベスト等が入荷します〜お楽しみに。

デジカメ帰ってくるかな〜

▼Phatee in NY
お待たせしました~本日 Phat book NO,6が届きました。

今回は、アウトドアばかりでなく、phatee,cobanoを街でも着こなそうがテーマの1冊。

撮影は日本離れてニューヨーク

Phatee&cobanoお買い上げのお客様に差し上げます~なくなり次第終了です。
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-10-25 12:31 | 音楽と

WAWAWA

青空キャンプ初日、森の演奏会 出演したWAWAWAが長岡、新潟にやってきます~

みんなで集合しましょうよ~
--------------------------------
【WAWAWA】

身近にあるもので例えるなら、柱時計のようであるかもしれない。
不思議な音空間である。
踊りながら寝ることができるジャムバンドなのだ。
清濁を併せ持ち、和みと高揚の香りを人の心に産むステージは、 ソファに沈みながら踊れてしまう。
ダンスタイムを演じながら、リラックスのツボも刺激する彼らの演奏を知る者は、 心地良い家路につけると評判だ。
チルアウトとダンスミュージックをひとつの鍋で沸かしたようなWAWAWAのライブは、聞く者の感情にするりと流れ込むホットミルクのようなのだ。
異なった音楽生活を歩いてきた四人は、キャンプを張りに来たような足取りで 楽器を持ってステージに集まり、チクタクと話し和みの輪を彩っている。
そこに様々な「生」の匂いがある。
土や汗の匂い、森と人の匂い。
こころの栄養不足の特効薬っ「WAWAWA」,意外にエレクトリック。

試聴出来ます
--------------------------------------------------

▼2008/10/25 音楽食堂(長岡)
with HEAD MAKERS/チビカブトス
【DJ】nakanon/TANA
【VJ】HANUMAN

▼2008/10/26 ダイニングバーGOES(新潟)
with むーたらず

対バンの「HEAD MAKERS」「チビカブトス」「むーたらず」は、いずれも青空キャンプ二日目、森の演奏会に出演しました。
乞うご期待!
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-10-23 17:13 | 音楽と

WAWAWA わ~

いまホット一息ついて

青空キャンプ「曇りのち晴れ」のMIXIのコミュニティを見ながらフラフラと

改めて出演者を振り返ろうと最初にwawawaのmyspaceを見ながら楽曲を聴いていたんだけどツボ~
ゆるーく気持ちよく流れる音は

当日が楽しみになってきたよ
お得な早割りも残り少なくなってきます
期日も9月までなのでお早めに。

楽しみ楽しみ003.gif
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-09-18 19:56 | 音楽と

ONE LOVE 石地

多くの皆様の来場ありがとうございました。

家族連れや夫婦、カップル

素敵な皆様と良い夜を過せたと感謝しております。

雨上がりの夜空に、夕日と満月

星と砂と波

--------------------------------------------------------------

f0134521_11575546.jpgf0134521_1158685.jpgf0134521_11581621.jpg

f0134521_11584682.jpg


--------------------------------------------
出展者の皆様、デコレーション 灯遊、蓮蘭
浜茶屋peace

全ての皆様に感謝。
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-08-23 12:00 | 音楽と

ライブ音源の入荷どす~

長岡祭りも終わって少し空っぽな気分ですね

こんな音源聴いて、ノスタルジック?郷愁にふけってみてはいかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------

2005年~2007年日本全国をツアーで回ったアコースティックトリオYoLeYoLeの活動休止前のライブ盤。
07年のクリスマス、横須賀の海の家『かねよ食堂』に大人から子どもまで多くの観客が集まった。1st アルバム『ひかり』に含まれるオリジナルに加え、ライブではおなじみの高田渡の「生活の柄」、ニューオリンズのスタンダード「IKO IKO」、フェアーグラウンドアトラクションの「halelujah」など、YoLeYoLeならではの選曲とアレンジで聴かせてくれる。キャンドルと月明かりの下、アットホームでほんわかした空気に包まれた、臨場感溢れるYoLeYoLeライブが2枚組で登場。

○Live YoLe YoLe [KaNe YoLe]

f0134521_1246272.jpg


本日より売っております~
¥2300なり
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-08-05 12:47 | 音楽と

入荷音源

Sim Redmond Band

「room in these skies」

f0134521_20344920.jpg


ジャケット 内容 共に ◎
明日以降は、これを聴いて海に行きますか!?

7/16発売

もち試聴可能です!!

----------------------------------------
この頃、店を掃除したり片付けたりと過しております。

ちょこっと改造中、完成したらお知らせってね~
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-07-15 20:37 | 音楽と

たけしこうじ

本日より配布開始しました。

7/26たけしこうじ

楽しみ~

f0134521_19243859.jpg


間もなくやってきますね~長岡祭り

月末をスタートとして各地で花火が上がり

町は盛り上がる

そして、あの時の思い出がここに


f0134521_1929561.jpg


2007年、日本。できたばかりの小さなレーベル"quietpath" は、その記念すべき最初の作品として
"藤乃家 舞"のフィールドレコーディングと演奏による作品"gold leaf"(QPCF-0001)をリリースします。

2006年に新潟県長岡市で開催された日本最大規模の花火大会を、最高の臨場感で
録音したフィールドレコーディングをメインに、野外でのライヴ演奏や
奄美の天才唄者 "朝崎郁恵"、壁無き音楽クリエイター "一十三十一"、
バリ・ガムランの天才集団 "スダマニ"をはじめとする多彩なゲストを招いた
ポストプロダクションが巧みに混ざり合って構成された当アルバムは、
終始ドラマティックであり、不思議でポップな名曲揃い。
楽曲ごとに全く異なる世界観を表出させる澄み切ったセンスとマジックは
しびれるほど美しく、まさに "藤乃家 舞"ならでは!

何かを知覚するということは、それまでの世界の関係性の中に
新たな一つの関係性が生まれることだと思います。
夜空に金箔のように広がる花火のイメージから
"gold leaf"(金箔)というタイトルが冠せられたこの作品の中には
花火の音風景の純粋なフィールド・レコーディングもあれば、
様々なフィールドレコーディングをミックスして展開が作られているものもありますが
深く聴き入ることでイメージが次第に膨らんでいく
きらきらした音の粒子と、夜空に広がる大きな花火の爆発音は
鼓膜を通して様々なイメージとシンクロし、演奏と等価に楽しめるものになっています。

そして、地球上の様々な音が豊かに内包された、その上で
奄美島唄の伝統を引き継ぐ"朝崎郁恵"による島唄の名曲と花火との共演や、
この作品でしか聞けないドリーミーなサウンドプロダクションが
アルバムのポップさと美しさを印象付ける"一十三十一"の「she's my baby」をはじめ
バリ・ガムランの天才集団"スダマニ"や、"藤乃家 舞"が率いる東西南北バンド
"リトル・トーキョー"のメンバー陣、ハープ・ユニット"アウラノイザズ"から"上江洲佑布子"らを迎えた
魅惑の音空間が、"藤乃家 舞"の手によって構築され、作品としての存在価値が生み出されていきます。

カテゴライズやジャンルの真ん中にある音楽だけではなく
音の面白さを体験させてくれるフィールドレコーディングだけでもない。
音を選択し構築しているという点で、作品としての存在価値を生み出していく
センスとプロダクションは、音楽家 "藤乃家 舞"の2006年のドキュメントであり
すべてのものが”共存”して、音が持つ豊かな意味とイメージが膨らんでいく様は
「母なる自然の子供達」全てのスピリチュアルな祝祭の記憶の追体験のようでもある。

あなたにとって、このアルバムから浮き上がってくる風景は、どんなものになると思いますか?quietpath

一十三十一
[PR]
by tatsumaki_do | 2008-07-14 19:32 | 音楽と